日本円は大丈夫ですか?~日本とアメリカを比較してみて~ – 副収入と節約を真剣に考えるブログ-B.I.D.dream

副収入と節約を真剣に考えるブログ-B.I.D.dream

普通のサラリーマンが、副収入を得て、節約で無駄な支出を減らし、人生を楽しむためのブログ

リスクについて 将来は厳しい

日本円は大丈夫ですか?~日本とアメリカを比較してみて~

投稿日:2017年7月20日 更新日:

currency-1020005_1920 日本円は大丈夫ですか?~日本とアメリカを比較してみて~

私は日本人です。

現金は日本円で持っていますし、銀行には円で預金しています。日本の銀行(三菱東京UFJ、みずほ、三井住友など)に預貯金をしているということは、自動的に日本円に投資をしているということです。

自分の資産を構築する上で、このまま日本円のまま全資産を保有していて大丈夫なのでしょうか?

日本は世界有数の経済大国ですが、今後現状の経済力を維持し続けていけるでしょうか?

国力について今後どうなるか、アメリカ合衆国と比較して考えてみました。

 

Sponsered Link

 

日本とアメリカの国力の比較

ドルと円の将来の価値の変動について、日本とアメリカの国力を比較して考えてみましょう!

1.人口

日本    約1億2千万人 (10位)

アメリカ  約3億2千万人 (3位)

 

2.国土面積

日本    377,915.00平方キロメートル (61位)

アメリカ  9,833,517.00平方キロメートル(3位)

 

3.石油埋蔵量

日本    ランキング圏外(悲)

アメリカ  47,987百万バレル(10位)

 

4.ノーベル賞の受賞者

日本    25人 (7位)

アメリカ  338人(1位)

 

5.大学の世界ランキング

日本    東京大学         34位

アメリカ  マサチューセッツ工科大学  1位

      スタンフォード大学     2位

      ハーバード大学       3位

      ケンブリッジ大学      4位

      他多数

上記のデータは飽くまで考え方の一つですが、対アメリカで考えると、日本の経済力が将来下がっていくだろうと考えることは容易なことだと思います。現状のドル円レートを考えても、円が頑張っている感が否めません。

 

日本の借金

現在、政府総債務残高は、約1300兆円です。(怖)

借金が多くても、その借金を負担しているのは、「日本の銀行など日本人が負担をしているからいいじゃないか?」という意見も聞かれます。

では10年後を考えると、このまま日本国民がその債務を負担し続けることは可能でしょうか?

過去の債務推移から考えてみましょう。

2007年 974,827.40 → 約970兆円の債務

2017年 1,306,817. → 約1300兆円の債務

 

過去10年間で、何と約34パーセントのアップです。

(アップと言っても悪い意味でのアップです。当たり前ですが)

2027年がどのようになっているかを単純に 上記と同じ34パーセントのアップと仮定します。

1300兆円 × 1.34 = 1742兆円

 

単純な掛け算ですが、上記の結果、10年後の2027年における日本の債務は「1742兆円」となりました。将来日本の金融機関は、日本国債を買い続けることができるのでしょうか?日本の金融機関が市場で消化できない場合は、外国の金融機関が日本国債を購入する機会が多くなると思います。一時的には国債の価格は維持されるでしょう。

ですが、外国の金融機関は当然、自分たちの国の経済を優先します。自分たちの国が危うい場合は、自国通貨の安定のため、日本円は容赦なく売られるでしょう。その時は円は暴落し、日本の経済は破綻してしまうかもしれません。

 

Sponsered Link

 

円が暴落すると?

・輸入コストが莫大に増えてしまうでしょう!!

・輸入品の物価が上がってしまうでしょう?

・原油の調達コストが高くなります。それによって、輸送代が高くなります。

・海外旅行も高くなります。

・日本企業が国外企業にとって、合併の対象になりやすくなります。また、日本企業は国外企業を買収しにくくなります。

そして、国が債務を返済できなくなった場合は「デフォルト」となり、国が破綻してしまいます。最近では、ギリシャで破綻危機がありました。

 

通貨の資産分散

currency-1020005_1920 日本円は大丈夫ですか?~日本とアメリカを比較してみて~

以上のように、私は常日頃から、「日本円だけで運用していて大丈夫かな~?」と不安になったりしています。

よく円安になると、日本の景気に良いとか聞きます。日本は海外から資源を輸入し、それを加工して輸出し、内需の不足を補っている。日本は輸出大国といいますが、実は内需がとても強く、国内の消費が経済を支えています。

輸出企業が潤って、輸出企業を中心に従業員の給料が上昇して、消費の増大、景気の回復・・・。円安になると、株式市場が下落したりします。

ですが円安には前述したとおりデメリットもたくさんあります。「通貨の資産分散」をはかり、ある程度の資産をドルで保有し、「円の価値が減少するリスク」に備えましょう。

もしかしたら、将来ドルで決済できる環境が整い、日本国内でドルのまま買い物が容易にできる時代がくるかもしれません。

「日本円をそのまま持ち続けるリスク」も存在するということです。

 

ドルの保有をして「通貨のリスク」分散を!

currency-1020005_1920 日本円は大丈夫ですか?~日本とアメリカを比較してみて~

日本とアメリカの国力の比較をしてみました。いずれもアメリカの方が日本を上回っています。

データの数値だけでみると、アメリカ経済が今後も継続的な成長が見込まれることは、少なくとも、日本よりは期待できると思います。

(平成29年7月27日現在のドル円レートは、110.92円)

短期的にみると最近は円高に推移していますが、長期的に考えて、ドルの保有を考えてみてはいかがでしょうか?

「通貨のリスク」分散を図りましょう!

 

Sponsered Link

 

-リスクについて, 将来は厳しい

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

インフレリスクを真剣に考える ~インフレが起こった場合の資産の減少額をシミュレーション~

私たちは持っている預貯金を、そのまま保有し続けるだけで良いのでしょうか?資産を運用をするかしないかは、難しい判断です。 資産を運用すると言っても、投資にリスクはつきもので、価値が下がることもあるからで …

不動産投資を真剣に考える ~投資物件購入前に投資リスクを最大限排除する~

  不動産投資は儲かりますか? 不動産投資は金額が金額だけに、ギャンブルより怖いかもしれません。パチンコなら数万円の損失で済みますが、不動産を購入した場合に発生する損失の可能性は千万単位です!しかも売 …

ビットコイン(bitcoin)大暴落中!? 中国のICO全面禁止が影響か?

先週からビットコインの価格が継続的に下落しており、今の価格はついに40万円を割り込んで、1BTC=367,000円です。心配な下落幅となっています。 50万以上で購入した方にとっては、暴落と言っても過 …

ビットコイン(bitcoin)大暴落中!? JPモルガンCEOがビットコインは詐欺だと発言・・・

【ジェイミー・ダイモン氏】 米銀JPモルガン・チェース最高経営責任者(CEO) 【マルコ・コラノビック氏】 米銀JPモルガン・チェースクオンツ・デリバティブグローバル責任者   JPモルガン …

国の財政赤字と日本人の納税意識

突然ですが・・・ 納税は国民の義務(日本国憲法 第30条)です。(私は税務署の職員ではありません) 国民の納税意識が低くなって、納税義務を怠ると、税収が不足して予算が足りなくなり、行政サービスが受けら …

プロフィール



【名前】
Tack
【年齢】
40代半ばの普通のサラリーマンです
【職業】
税務会計業界で20年位になります
【趣味】
野球・テニス・朝寝坊・甘いもの・楽しい老後を妄想する!
【将来】
田舎で喫茶店をやりながら自給自足ができたら嬉しい

2020年9月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

こちらもどうぞ!