年金は受給できるの?~国民年金で受給額をシミュレーション~ – 副収入と節約を真剣に考えるブログ-B.I.D.dream

副収入と節約を真剣に考えるブログ-B.I.D.dream

普通のサラリーマンが、副収入を得て、節約で無駄な支出を減らし、人生を楽しむためのブログ

将来は厳しい 年金

年金は受給できるの?~国民年金で受給額をシミュレーション~

投稿日:2017年7月20日 更新日:

 

seniors-1505935_1920 年金は受給できるの?~国民年金で受給額をシミュレーション~

日本国憲法の第27条に勤労の義務とあります。

私たち日本国民は、勤労の義務があります。勤労して、納税して、住みやすい国をみんなで創る。

仕事って、楽しいこともありますが、得てして辛いことの方が多いです。と言いますか、辛いことばかりです。しかし働くことを拒否しようとは思いません。むしろ生きている間は、ずっと働いていたいと思う人が、たくさんいらっしゃると思います。ですが、だんだん体は衰えていきます。年をとったら、年金をいただいて、人生の余暇を楽しもうと考えてもいいと思います。

 

年金については、様々な情報が流れております。

基本的には、国が潰れない限り貰えます。しかし私達が一番知りたいのは、「いったい何歳から年金をいただけるのか?」ということだと思います。

数ヶ月に一度、年金のお知らせ宅急便という封書が発送されてきますが見る気になりません。おそらく今後何度も、減額または繰り下げの変更がされていくでしょう。

年金が何歳から受給できるかどうかは、いろいろな要因が絡んでいるので、誰も予測はできません。ですが、少子高齢化が進んでいる日本では、減額または繰り下げ支給が避けられないことが明白です。今後は、支給開始の年齢が徐々に繰り下げられて、おそらく70歳からの支給が現実味を帯びていくでしょう。

一体私たちは何歳まで、フルタイムで働かなくてはならないのでしょうか?

中小企業が必死の思いで利益を捻出しています。その苦しい財政状況の中で高齢者の雇用を守り、また新卒者を雇用し、育てて一人前の社会人にしていくことはとても金銭的に大変です。

 

Sponsered Link

 

国民年金を40年払った場合のシミュレーション

一つの考え方ですが、国民年金でシミュレーションしてみました。

国民年金保険料を40年(満額)払い続けた場合は、何歳まで受給した場合に受給額が支払額を上回るのでしょうか?

 

① 総支払額 (月額15,000円で設定)

15,000 × 12ヶ月 × 40年 = 7,200,000

 

② 所得税控除後の実質負担

国民年金保険料は、全額所得控除の対象になりますので、ざっくりですが、20%を所得控除控除の対象としました。

7,200,000(国民年金保険料の総支払額)-7,200,000×20%(1,440,000)=5,760,000

従って、実質の国民年金の負担額は5,760,000円となります。

 

③ 支給額

国民年金保険料を満額払うと、年間の総受給額はおよそ80万円です。

 

④ 国民年金保険料の受給額が支払額より多くなる年数

5,760,000÷800,000=7.2 → 約7年ちょっと!

上記の計算によると、仮に70歳を年金の受給開始年齢とすると、77歳位まで受給すると、受給額が支払額を超えるようです。

日本人の男性の平均寿命は約78歳でしたっけ・・・。年齢だけで損得考えると微妙です。

ただしこのシミュレーションは、一つの考え方です。損得だけで考えたらいけませんよね!

今回は、このように年齢によって、何歳以上生存できると受給額が支払額を上回るか?という視点だけで考えてみました。ただし、国民年金に加入していないと障害年金が出ない、などの問題がありますので、その点気をつけていただきたいと思います。

 

互助の精神

年金の本来の目的は互助の精神ですよね!お互いに助け合う!なので、年金事務所に勤務されている方々は、私たちの年金を、大事に大事に管理・運用してくださいね!

また、私たちは自分だけのことを考えないで、互助の精神を持って、保険料納付していけたら良いと思います。

 

~宜しかったらこちらもどうぞ~

個人年金保険も投資の一環! ~所得税の節約と将来の年金(貯蓄)になる~

 

Sponsered Link

 

-将来は厳しい, 年金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

日本円は大丈夫ですか?~日本とアメリカを比較してみて~

私は日本人です。 現金は日本円で持っていますし、銀行には円で預金しています。日本の銀行(三菱東京UFJ、みずほ、三井住友など)に預貯金をしているということは、自動的に日本円に投資をしているということで …

インフレリスクを真剣に考える ~インフレが起こった場合の資産の減少額をシミュレーション~

私たちは持っている預貯金を、そのまま保有し続けるだけで良いのでしょうか?資産を運用をするかしないかは、難しい判断です。 資産を運用すると言っても、投資にリスクはつきもので、価値が下がることもあるからで …

国の財政赤字と日本人の納税意識

突然ですが・・・ 納税は国民の義務(日本国憲法 第30条)です。(私は税務署の職員ではありません) 国民の納税意識が低くなって、納税義務を怠ると、税収が不足して予算が足りなくなり、行政サービスが受けら …

回復しない国民の消費~景気刺激策、ふるさと納税などの効果は?~

ここ数年、景気が良くなっていると皆さんは感じますか? 日経平均は上昇し、2万円を超えてきました。 地価も上昇しているようです。 大企業の賞与も景気のいい話を聞きます。 失業率も改善しているようです。 …

サラリーマンの給料の手取り額と家計に回せる金額は?

  テレビなどではたまに、主要な企業・公務員の平均収入や賞与の話題を報道することもありますが、そんな大企業の人たちの割合は、日本の人口のわずか数パーセントです。 中小企業庁のHPを閲覧してみ …

プロフィール



【名前】
Tack
【年齢】
40代半ばの普通のサラリーマンです
【職業】
税務会計業界で20年位になります
【趣味】
野球・テニス・朝寝坊・甘いもの・楽しい老後を妄想する!
【将来】
田舎で喫茶店をやりながら自給自足ができたら嬉しい

2020年7月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

こちらもどうぞ!