【マイニング収益にかかる所得税の計算方法】国税庁から発表がありました!が・・・ – 副収入と節約を真剣に考えるブログ-B.I.D.dream

副収入と節約を真剣に考えるブログ-B.I.D.dream

普通のサラリーマンが、副収入を得て、節約で無駄な支出を減らし、人生を楽しむためのブログ

暗号通貨 税金・節税

【マイニング収益にかかる所得税の計算方法】国税庁から発表がありました!が・・・

投稿日:

taxes-646512_1920 【マイニング収益にかかる所得税の計算方法】国税庁から発表がありました!が・・・

仮想通貨に付随する収入にかかる税金について国税庁から12月1日に追加発表がありました。

仮想通貨に関する所得の計算方法について(国税庁)

私のサイトでは、副収入をテーマとして日々記事を書いております。その副収入のなかでも特に「仮想通貨のマイニング」が今のところメインとなっています。

副収入があるのはとても喜ばしいことなのですが、いったいこのマイニングに係る収益はどのように税金が課税されるのか、日々「モンモン」としていました。

今回は国税庁からマイニングによって収益を得た場合における課税関係において、少しですが発表がありましたので、個人的な見解を記事にしたいと思います。

 

Sponsered Link

仮想通貨のマイニング収益は「事業所得」または「雑所得」

まずは今回発表されたマイニング収益について記述されている部分を見てみましょう。

taxes-646512_1920 【マイニング収益にかかる所得税の計算方法】国税庁から発表がありました!が・・・

「これだけですか?これだか書かれても何だか分からないじゃん(^_^;)」

「全然具体的じゃない!!」

って思われる方も多いかもしれません。

しかし現段階ではこれが精一杯でしょう!

 

何しろまだまだマイニングという事業が・・・

どのようにして行われるか?

どのようにして儲けが発生するのか?

マイニングをやっている当人(私)でさえハッキリしないところが、いっぱいあります。

これをこんなに短期間で税金の計算方法を決定してしまうのは無理があるとも思っています。

なので、ひとつひとつ慎重に読んでみたいと思います。

今回の発表では主に3つのことが記述されています。

  1. いわゆる「マイニング」(採掘)などにより仮想通貨を取得した場合、その所得は、事業所得又は雑所得となります。

  2. この場合の所得金額は、収入金額(マイニング等により取得した仮想通貨の取得時点での時価)から、必要経費(マイニング等により要した費用)を差し引いて計算します。

  3. マイニング等により仮想通貨を売却又は使用した場合の所得計算における取得価額は、仮想通貨をマイニング等により取得した時点での時価となります。

このように3つの部分に分けて考えてみたいと思います。

 

Sponsered Link

マイニングで得た収益は「事業所得」又は「雑所得」

マイニングで得た収益は「事業所得」となる。

これは、朗報でしょう!

雑所得では、「損益通算」や「損失の繰越控除」及び「青色申告の特別控除等」の税制上の優遇を享受することができません。今回この発表により、事業としてマイニングを行っている場合に生じた所得については事業所得として課税されることが発表されましたので、これらの優遇を受ける権利があるということです。

サラリーマンの場合で年末調整で給与所得の計算が済んでしまう方で、マイニングに係る所得が20万円以下の場合の方などは、確定申告の必要がありませんし、その方がオトクになる可能性が高いです。

しかし、継続してマイニングを行い(マイニングはそもそも継続的なものですが)事業的規模だと考えられ、しかもその収入が生活をしていく上で必要な収入源となっている場合には事業所得として認められる可能性が高いです。

青色申告特別控除の制度を使いたい方などは、個人事業の届け出をして「事業」として確定申告をしていただいたほうが良いかもしれません。

 

「雑所得」の場合

マイニングで得た収入 ー マイニングによって支出した費用 = マイニング収益

給与所得などと合算して所得税を計算する。

このとき、65万円の特別控除・他の所得と損益を相殺する・損失が出た場合には翌年に繰り越すことができません。

 

「事業所得」の場合

マイニングで得た収入 ー マイニングによって支出した費用 = マイニング収益

  • 65万円の特別控除
  • 他の所得と損益通算
  • 損失の繰越

以上のような優遇が受けられます。

 

所得金額は収入金額から必要経費を差し引いて計算とあるが・・・

一見するとシンプルで簡単そうですが、ここから本当に大変です。

収入金額を算定する

さて、収益ですが具体的にどうすれば良いのか?

【収入金額 = マイニング等により取得した仮想通貨の取得時点での時価】

このように記述されています。

でも、実際に申告する時はこれを「円」に換算しなければなりません。

このサイトでも毎日ちょっとずつマイニング収益を得ていますが、この時「曲者」なのが・・・

「取得時点での時価」

はて、毎日ちょっとずつマイニング収益を得ていますが、毎日の取得時点での時価を算出しろと・・・(^_^;)

無理!

ハッキリ言って無理!

毎日のマイニング収益を計算って・・・、ビットクラブでマイニングプールを多数所持している人はどうなるのでしょうかね?

そして、マイニングで得た報酬を再投資している場合の取扱はどのようになるのでしょうか?

 

必要経費を算定する

収入に負けじとこちらも大変です。

というかこちらの必要経費のほうが途方に暮れるくらい考えなければならないことがあります。

 

まず購入する時は、ビットクラブではドル建て表示されていますよね!?

500ドルプール

1000ドルプール

2000ドルプール

購入時、これをドル換算して計算する必要があるか?

このプールは「権利」として扱われるのか?それとも「物」なのか?

おそらく「物」なのでしょうが、実物を見ていないので分かりません。

 

そして、3500ドルプールを購入した場合には、これを「固定資産」として計算する必要があるか?10万円以上で購入したものについては、固定資産に該当するか検証する必要があります。つまり、1000ドルプール以上のものを購入した場合で、これが固定資産に計上しなければならない場合には、一度に経費にできません。固定資産の耐用年数に応じて経費に計上しなければなりません。

 

例えば簡単に言うと、1000ドルのプールを1$=110円の時に購入したとすると、110,000円のプールを購入したことになります。

耐用年数、つまり使用できる年数を3年で計算すると、110,000÷3=36,666円ずつ経費に計上するということですね!おそらく契約期間が1000日なので3年位の耐用年数が適用されることになるでしょう。

 

それから3500$のプールを買った場合の処理ですが・・・

3500のプールとして考えるのか、それとも「500」「1000」「2000」ドルのプールを買ったものとして計上するのか・・・

どのように計上するのか分かりません。

 

また、ほとんどの方は「再購入」の設定をしていると思います。

再設定を100%にしている場合は、事実上儲けは全てマイニングプールを購入していることになります。

いったい子機が増えたときは、どのように計上すれば良いのか?

 

このように国税庁からのアナウンスでは簡単に「収入」から「経費」を引けば良いとの記述ですが、この「収入」から「経費」をいったいどのように円換算すればよいのか?

これができなければ申告はできません。

しかし、日本の所得税の計算は申告方式となっており、それぞれ申告義務がある個人が計算して税金を収めなかればなりません。

いったいど~なることやら・・・

 

あまり言ってはいけませんが・・・

「面倒だから、いいや」って人も、たくさんいると思います。

実経済に税制が追いついていないのです。

 

そして、税務調査が入り

指摘を受け

修正する

 

そこで申告側と課税する側でいろいろな主張を繰り返し行なっていくことで、仮想通貨における課税関係が確立されていくのでしょう。

 

マイニング等により取得した仮想通貨を売却又は使用した場合の取得価額

こちらも大変です。

収入のところで少々触れましたが。

 

【仮想通貨をマイニング等により取得した「時点」での時価となる】

時点って・・・

毎日マイニングされているんですけど・・・

その時点での時価を毎日算出しろと・・・

それを毎日やれと・・・

無理です!!

 

申し訳ありませんが、今日はここまでm(_ _)m

taxes-646512_1920 【マイニング収益にかかる所得税の計算方法】国税庁から発表がありました!が・・・

思いつくまま記事にしてしまい、結論まではほど遠い記事となってしまいましたが、本日はここまでとさせていただきます。

結論付けることが出来ませんでしたm(_ _)m

申し訳ございません。

ごめんなさい。

 

「記事にするならちゃんと結論までしっかり書け!」と思われる方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、非常に難しい問題が多数あります。

また、他のサイトの方々もアナウウンスされているところが増えてきていますが、具体的な計上方法は、実際に会計資料をみてその都度計算されるものだと思います。

 

平成29年の所得税の確定申告は、申告する側(私たち)もそうですが、確定申告をしたものを税務署の方々が検証することだと思います。

これもまた大変でしょうね!!

 

課税庁がどのように判断されるのか?

そして仮想通貨の収入はどこまで把握されているのか?

外付けウォレットに入っているものは把握できるの?

匿名通貨系のコインの収入はどこまで把握できるのか?

エトセトラエトセトラ・・・。テーマがいっぱいです。

ですが、興味津津です。

 

いったいマイニングで得た収入は、どのようにして収益を計上したらよいのか?

引き続き分かり次第で申し訳ありませんが頑張ってアナウンスさせていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

Sponsered Link

-暗号通貨, 税金・節税

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【ビットクラブネットワーク】ビットコインのマイニング(採掘)量の結果(激減)をリアルに公開!【2017年9月分】

9月になりました。今月に入ってからは、北朝鮮のミサイル実験や・水素爆弾の実験により、世界中の金融市場が混乱しています。 ビットコイン等の暗号通貨はそのような有事の避難先となるらしく(本当ですか?)今ま …

リップル(Ripple)が引き続き高騰!カンファレンスSWELLまでは目が離せません!!

10月に入ってリップル姫調子が良いです。 本日も急騰し、現在29円です。30円まであと僅か!このまま月まで行ってもらいたいものです! 「キタキタキター!!」 「ワッショイ・ワッショイ!!」 「リップル …

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)の分岐 ~ビットコインゴールドがもらえる!?~

本日ビットフライヤーのお知らせメールにて、ビットコインゴールド分岐の対応が公表されました。分岐が恒久的であり、資産保護が問題なければビットコインと同数のビットコインゴールドが無償で付与されます。楽しみ …

イーサリアム【Ethureum】今後の価格 ~「メトロポリス(Metropolis)」を控えて~

私はGPUのマイニングプールで、イーサリアム(Ethureum)のマイニングを行っているため、イーサリアムの価格についてはいつも気になるところです。(上がって欲しい!) ビットコイン・ライトコインの「 …

【ビットクラブのビットコインマイニング】いよいよ報酬減少がストップするか・・・!?

ビットクラブネットワークでビットコインのマイニングに参加したところ、8月までは報酬の減少があったとしても定期的にアップしてきました。 しかし、9月の中旬に今までに無いような急激なマイニング報酬の減少が …

プロフィール



【名前】
Tack
【年齢】
40代半ばの普通のサラリーマンです
【職業】
税務会計業界で20年位になります
【趣味】
野球・テニス・朝寝坊・甘いもの・楽しい老後を妄想する!
【将来】
田舎で喫茶店をやりながら自給自足ができたら嬉しい

2019年10月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

こちらもどうぞ!